ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.06 Tuesday

「ユニークな考え方ですね」と言われました。

五月二日に愛媛ブロックの憲法教室が行われました。



日頃は憲法のことを考えることないんですが、年に一回のこの事業は、色々と考えるいい機会になっています。



というわけで、今日は憲法について語ります。


(めんどくさいことになるとアレなんで、先に言っときますが、思いつきのネタで、本気じゃないです。)



憲法を考えるってぇと、一番に出てくるのが9条をどうするのかって話。

確かに象徴的なところで、この話だけでその人の考えがわかりますよね。

私の解釈では、


自衛隊 →軍隊です。

個別自衛権 → 持って当たり前

集団的自衛権 → 広い範囲の平和のためには、これから必要だと感じる

9条の平和主義の解釈 → 文脈としては自衛権まで放棄している

です。↑の話を総合すると、現状、日本は9条に対して違憲状態にありますね。

となると、普通は「違憲状態解決のために憲法改正せねば!!」という話になります。

実際私も数年前まではそう思っていました。

でも、その違憲状態って解消しないといけないものなのかな?と今は感じています。

いいと思ってるわけじゃないですよ。そりゃ解消できるならした方がいい。


当然、憲法の役割や、それを勝ち取ってきた大切さもわかる。

でも、それって主にヨーロッパの話じゃないかと思うんです。

日本で憲法論議が広がらない一番の理由は、

国民が勝ち取ったものじゃないから。



今の日本国憲法にせよ、大日本帝国憲法にせよ、はたまた遡りまくって十七条の憲法にせよ

日本国民にとっては、お上から与えられたもの

じゃないかと思うんです。


その辺が欧米とは違う。



なんでも細かいところまで文面にして契約したがる欧米と、「よきにはからえ」で済ましてしまう(しかもそれで結構いい結果が出てしまう)日本と、同じ土俵では語れない。


実際には自衛に十分な軍隊持ってるのに、表向きは「戦争放棄!平和主義!」の建前を通す今の状態は、


多くの国民にとって、非常に日本的で居心地がいい。



そんなことを思ったり、思わなかったり。


思わなかったり。


いや、思ってないですよ?










思って無いですってば。
2014.04.22 Tuesday

これを見てパーマをかけました。

自分から進んで見ることは無いんですが、たまに嫁さんに付き合ってTVドラマを見ることがあります。


結構前の作品ですが、リッチマンプアウーマンが面白かった。





作品中、小栗旬扮する主人公が、お気に入りの揃えたタオルの中に、柄物のタオルをヒロインに混ぜられて、

「センスが無い!」

と怒るシーンがありまして。




それを見て、


嫁「意味がわからな 俺「わかるわー」



というわけで、先日、タオルを買いに遠出しました。



道中、寄り道して昼は





西条のアサヒビール園でジンギスカン食べて。



目的地は聞くまでもなく、タオルといえば、世界の今治タオルでしょ。







糸の種類ってこんなにあるのね。。。





一番気に入ったものを買い込みました。


結果、






大満足。







嫁「意味がわからない」
2014.04.17 Thursday

レポートはメールで提出。

宿題が出ましたよ宿題。800字のレポート提出って。

昨日の夜ギリギリに出して、今日は2週目の精密森林管理論の授業を受けてきました。






今日の特別講師は、久万で林業をされている梶川さん73歳。

その歳で、講義の講師引き受けるってすごいな。。。と思ってたら、経歴紹介で、



「私も3年前にこの社会人コースを受講しました。」



て、70歳で!? 大学院?


上には上がいる。。。まだまだ精進せねば。








さて、紹介も終わってさぁ講義となったら、


「資料を用意してます」と、梶川さん。

カバンから取り出したのはUSBメモリー。





パワーポイント使って講義する梶川さん73歳。




す、すごいな。俺もまだまだ精進せねば。。。








講義の内容はというと、クローン苗の混植実験について。

平成10年に植えた試験林が今年で15年生になったそうな。あと40年もすれば結果がわかるそうです。


梶川さん、73歳。。。




完敗です。人生とは、学び続けることなんですね。

今日は林業じゃない学びが多い一日でした。
2014.04.13 Sunday

高さの調整に案外苦労しました。

昨年の年末、メンバーと一緒に10kmマラソンに出場しました。





私は次年度理事長の矜恃を見せるためスーツ革靴で完走。


でその際に、出走予定だったメンバーが一人欠席になったので、夜勤明けの嫁さんを無理やり走らせました。


大会関係者にとても迷惑をかけながら、ダントツ最後尾でなんとかゴールはしたのですが、


その時に、膝を痛めてしまいまして。



医者に見てもらったら、

「普段運動しない人が、10kmなんて距離を急に走ったらいかん!!」

と怒られたんですが、まさか、その前の年には無理やりフルマラソンも走らせたとは言えず。


そんな中でも、なるべく膝を折らない生活に心がけなさいとアドバイスをいただきました。



さて、うちのリビングはと言うと






座卓に畳という、膝を折らずには生活できない和風スタイル。


膝を痛めた原因は、無理やり走らせたことではなく、このリビングに有ったのです!!


というわけで、大工さんに依頼して、





開通。






これを買ってきて、





座卓の足切って取り付けたら





居酒屋風掘りごたつの完成。







俺の亭主愛溢れるこの作品、しばらく使ってるんですが、隣に座る嫁さんを見る度に思うんです。







ちゃんと足入れろやー!!
2014.04.09 Wednesday

学割は効かないみたい。

JCの理事長の中では珍しいと思うんですが、実は私、今の職場では肩書きなしの 平社員であります。


日々、何をしているのかというと、工場が息災なく稼働するのをお祈りする。そんな職務を毎日こなしています。


(ご利益なく機械が壊れると、仕方ないので直したりもします)


さて、そんなうちの会社も他の多くの企業さんと同じように三月決算でして、無事、創業三期目を終了しました。


そんな年度がわりに、先週、偉い人が急に、「新年度からはお前、製造部門責任者な」と言うではありませんか。




どうやら、昇進したようなのです。


というわけで、四月に入ってからバタバタとしております。



どうせなら、やりたいようにやってやろうと気合入れて、4月1日朝8時から改革開始したら、


9時に臨時役員会に呼び出されて、「やりすぎ」と怒られたり。


そんな刺激的な日々を過ごしています。



理事長の年にいろんなものが重なる。
いや、どうせなら重ねてやろうとも思ってたからやる気は溢れてるんですけど、



こんなことになるとは思ってなくて、






昨日、愛媛大学大学院の社会人コースに入学してしまいました。



ちょっと身体が足りない。。。

けど、今やらなくて、いつやるんだ!
(自己暗示です)
2014.04.08 Tuesday

料理は科学だと思っている。

内輪の話で恐縮ですが、若作りだと一部で有名な実母が還暦を迎えまして、先日家族一同で九州に記念旅行に行ってきました。


途中、八幡浜JCと毎年交流事業をしている大分臼杵JCの山本理事長の料亭でランチをいただきました。





「喜楽庵」さんです。 すげー豪邸。






大正時代の建物に手を入れて使っているそうな。











雅ぞなー。











通していただいた部屋は、表の純和風とはまた違った趣の、オリエンタルなデザインで、驚かされました。



で、当然、食事も絶品だったんですが、一つ気になる事がありまして。






お吸い物が出てきたんですよ、お吸い物。

貝が入ってて、よく見たら殻が一つに身が二つ。こりゃラッキーと急いで食べようとしながら、ふと隣を見ると、



嫁のお吸い物にも殻が一つに身が二つ。



思わぬところで事件発生。こりゃ、還暦祝いどころではありません。即座に全員の手を止めさせ、現場検証ですよ。



捜査の結果、なんと全員揃って、



殻が一つに身が二つ。



しかも一つは貝柱が残ってて、一つは切ってある。

ということは、結論は一つ。




これは偶然ではなく、狙って作った盛り付けである。





俺が知らないだけで、和食ってこのくらい当たり前なんでしょうか?


料理人の高い矜恃に心打たれたエピソードでした。



山本理事長、またお会いできる日を楽しみにしてます(^_^)
2014.03.29 Saturday

真似したいが真似できない。

「師匠と崇めるべき人を見つけたら、盲信的にその人の考えを100%受け止める所から始めろ」


ある本にそう書いてあって、説得力があったので、私は今、二人の文化人を師匠と決めています。


その中の一人が、 オタキング 岡田斗司夫 です。





とてもマイナーな人だとは思います。



マニアな話になりますが、私の青春は、ナディア、エヴァンゲリオンという二つの作品とともにあったと言っても過言ではなく、その制作会社GAINAXを立ち上げた岡田斗司夫は崇めるべきオタクの代表なのです。


しかし、ここ近年は文化人的な活動が多く、オタク分野以外の話がメインなんですが、そのアイデアがことごとく、



突拍子もないが、理屈は通っている



のです。

その発想力と思考法はまさに私の目指すところ。


というわけで、私は師匠ルールに従って、岡田斗司夫の著作物や対談記事などは全てチェックしています。


そんな中、岡田斗司夫の講演会が高松で開催されると言うお知らせを見かけました。


やっと前回の話に繋がった(^^;;




「ネット時代こそ地方在住者のチャンスだ」

今回の講演は、講師が決まった話題を話すのではなく、その人、会場に来ている観客から当日ノンジャンルの質問をもらって、それに岡田斗司夫が答えるという形式。
アドリブの三分間スピーチを一時間半やり続けるようなもんですね。





講演の内容は、そういう進行上、決まった内容を話すものよりは少し薄く感じましたが、ライブでこういうことをするということは、なかなか真似できるようなことではないですね。


中でも印象に残ってる話は、

「地方では、コミュニティの数が少ないので、簡単にコミュニティを移動できない。都会ではそれが簡単にできるので、結果、深いものは地方の方が産まれやすい。シガラミとは悪いことばかりではない」



確かに、八幡浜の中でも、真穴、日土などの地域の方が、町中よりも深い活動をしている感じがする。



JCでも同じで、地方はマイナスばかりではなく、都会よりは地方の方がディープなものは産まれやすいのかもしれない。
2014.03.29 Saturday

意図とは違う記事になることもある。

LOMとしては、児童合唱団の全国大会に関西へ行ってますが、本日は月に一度のブロック会議も日でして、私は昨日の夜、西宮での全国大会の出演を見届けて日帰りしてきました。


ってなわけで、現在朝一番から四国中央市にて、ブロック役員会が開催中です。


私もいつものようにブロックスタッフと会場入りはしているんですが、昼前までは空き時間。この空き時間を有効に利用して、この記事を書いてます。



そういう事情で、時間があるので、今日の記事は長文です。







JCに入る前と後で、一番変わったことといえば、行動範囲が広がったことです。


入会当時は、仕事で営業担当でありましたが、外をウロウロする機会はほとんどなく、出かけても松山までとかでした。


大変失礼な話ですが、松山より向こうは、西条、今治、新居浜、川之江などの地名は知ってても、並び順は自信がないなってな具合。


それが、JCに入ってからと言うもの、公式訪問例会だブロック会員大会だ周年式典だと県内のあちこちに連れ出されました。


専務をしてからは、地区会員大会だセミナーだ会員会議所だと、範囲が四国内に広がりました。


そして理事長の今、ま、福島くらいなら、ビックリしなくなってしまいました。



これは、自分の中の尺度、距離感が縮まったのだと思うのです。自分の中の日本地図が小さくなった。


そして、私はその変化を、成長だと、とてもありがたいことだと感じています。


今では、高知、徳島、高松くらいなら、入会前の松山に行くくらいの感覚でふらっといけるようになりました。





行動範囲が広がると、何かを得るチャンスも広がる。









さて、前置きが長くなりましたが、ここからが今日の本題です。


先日、ネットでとある講演会が高松で開催されるというお知らせを見かけました。(JCと関係ないやつです)




一時間半の講演会に高松まで。。。往復で六時間もかけて?




昔の私なら行けなかった。


六時間を犠牲にしてまで、価値のある一時間半を体験したことが無かったから。


しかし今は、話を聞くだけで、その後の人生観が変わるような人が、世の中にはいることを知っています。



それもJCで学んだ。



そして、そんな体験をするためには、アタリを引くためには、たくさんのハズレを引く必要があることも。


(まぁ、前に行ったJCの◯◯セミナーなんて行き甲斐の無いツマラナイ物だった(-。-;)




最初は、誘われて、仕方なく出ていた物が、今では自分から見つけて、遠くまで掴みに行くことができるようになった。




高松で行われたその講演会に向かう道中でそんなことを思ったわけです。











さて、今回のオチは、それが誰の講演会だったのかと言う事だったんですが、なんだかいい話になってしまったので、そこには触れずに終了します。



2014.03.27 Thursday

LINEはまだ使いこなせない。

八幡浜JCには、jayceesというソフトチームがありまして、今時なので、その出欠の連絡はLINEを使っています。

その一幕。























































































































































2014.03.25 Tuesday

別れと、そして出会いの季節。

今日の投稿はすごくプライベートなことなので、ここに書くべきかどうかすごく迷いました。



が、JCの皆さんにもよく可愛がってもらいましたし、改まって個別に報告するようないい話でもないので、ここに投稿して区切りを付けることにします。



















先日、10年連れ添った相方と別れました。










思い返すと、出会いのきっかけは完全な俺の一目惚れ。
目立つ存在だったあいつの事は知ってはいたんですが、偶然松山で出会った時、こいつだ!一生連れそう、と心に決めたんです。









それから10年。いつでも、どこに行くのもあいつと一緒でした。






JCでも特に専務をした二年間、山西先輩と清家先輩には家族ぐるみで、大変よく可愛がってもらいました。









でも実は、去年の暮れからちょっと距離を感じてたんです。








すみません。感じてたなんてあいまいなことじゃなくて、原因は俺にあるってわかってたんです。





一生、一緒に連れ添うと誓ったのに、
水内直前が紹介してくれたあいつに、心奪われてしまったんです。











そう、ホンダ N1に。






それからというもの、毎朝N1に乗って出かける横で視界に入るあいつのことを見て見ぬ振りをしてきました。



しかし、二回のバッテリー上がりと、四月になったらやってくる自動車税にもう耐えきれなくなって、この度、手放すこととなりました。


さよなら、さよならインプレッサ22B






間違いなく、自動車史に名を残す名車でした。




あ、ちなみに近所の車好きの親戚に貰われて行きましたので、今後車を見かけることがあっても、俺じゃないっす。
Powered by
30days Album
PR