ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ここまで趣味を暴露すると流石に照れる。 | main | 酸素じゃなくて、違うものが切れました。 >>
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.27 Sunday

これはスポーツに違いない。

スマホって便利ですよね。



私、デジタル機器は大好物でして、スマホについてもいろんな機能を使い倒しているのですが、その中でも録音機能は地味に使えます。



ちょっと前に、JCでもカラオケ好きなM先輩やY先輩達と飲んで歌ってたら、ふと、


自分はどんな歌い方をしているんだろうか?


と気になりまして。そこで
便利なスマホで録音してみたんです。




私、まぁ歌うの好きですし、カラオケも決して下手な方ではないかなと。
いや、ぶっちゃけて言えば、そこそこ上手いんじゃないかと内心思ってまして。



それが、聞いてびっくり、音は外すしピッチも低い。
録音された歌い手は、自分の想像上の上手い私とははるかにかけ離れたものだったのです。



それはそれはショックで。これではM先輩やY先輩と一緒に肩を並べて歌ったりはできません。



これではいかん。

現役理事長として、こんなんではいかん。

こんなんではメンバーに示しがつかない!!

カラオケ練習しよう!!!



と決心したのが二ヶ月ほど前の話です。


(知らない方のために一応補足しておきますが、ここ2年ほど、LOMの飲み会でカラオケはほとんど歌われておりませんf^_^;))




それ以来、主に運転中にひたすら自主練習を繰り返しました。





私のカラオケ歴は、やはり学生時代がピークで、98年ごろには、毎週オリコンヒットチャート10位までの曲を全曲レンタルして、歌えるようになってたりしました。

そんな中、一週間に8回カラオケに行った週があって、それをピークに歌う機会は減りました。



当時と今でカラオケについて、一つ違うことがあります。
当時は使い物にならなかった「採点機能」が、今はリアルタイムに音程の上下とかが出て、ソコソコの制度で当てになるものになってます。



これをやってやろうと。機械が人間様をバカにするなと。完全攻略してやろうと相成りました。



が、地元保内町の古くてヌルいカラオケ採点機械では、





100点が取れてしまうので、もっと最新機器を求めて旅立ちました。


と言うわけで、一人カラオケに行った話とやっと繋がるわけです。f^_^;)




採点カラオケには、今大きくJOYSOUNDとDAMの二系統がありまして、ワンカラには両方の最新機種が設備されています。


JOYSOUNDがこんな感じで、









DAMの精密採点3がこれ







DAMの方が旋律とタイミングの判定がしっくりくるので、私は好みですね。


DAMの精密採点も2と3があるんです。最新機器は3なんですが、3は結構ポイントをついたアドバイスをしてくる(しかも悔しいことにそれがかなり合ってる)
のと、何より私のホームグラウンド「蓮」にあるのが精密採点2なので、今回はこれをやりこみました。




さて、決めたら脇目は振りません。もう本気だもの。やる時にはやりますよ。







今回の課題曲 EXILE 「道」を連打。

一曲5分のこの曲をひたすら歌い続けます。










当然、立ちっぱなして熱唱です。
(一人カラオケです)








色々歌い方を変えたりして試しても、





一向に高得点は出ず、

仕方ないので、ネットで攻略記事見たりして歌いましたが、









一向に変わらず。

精密採点2、恐るべし。_| ̄|○



残念ながら、タイムアップと鳴りました。



あっという間でした。


ぼぼ休みなしで、歌い続けましたが、超集中してたので、あっという間の時間でした。












土曜の朝3時間、土曜の夜2時間、日曜の昼2時間。












合計7時間、 あっという間でした。


















も、もうしばらくカラオケはいいかな。。。。






ちなみに、7時間も練習したのに、点数的には先月、蓮でマークした94点を一度も上回ることができず、無意味なものに終わったと言うことには、気づかないフリをすることにしてます。
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR