ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「気付き」という言葉は小恥ずかしい。 | main | LINEはまだ使いこなせない。 >>
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.03.25 Tuesday

別れと、そして出会いの季節。

今日の投稿はすごくプライベートなことなので、ここに書くべきかどうかすごく迷いました。



が、JCの皆さんにもよく可愛がってもらいましたし、改まって個別に報告するようないい話でもないので、ここに投稿して区切りを付けることにします。



















先日、10年連れ添った相方と別れました。










思い返すと、出会いのきっかけは完全な俺の一目惚れ。
目立つ存在だったあいつの事は知ってはいたんですが、偶然松山で出会った時、こいつだ!一生連れそう、と心に決めたんです。









それから10年。いつでも、どこに行くのもあいつと一緒でした。






JCでも特に専務をした二年間、山西先輩と清家先輩には家族ぐるみで、大変よく可愛がってもらいました。









でも実は、去年の暮れからちょっと距離を感じてたんです。








すみません。感じてたなんてあいまいなことじゃなくて、原因は俺にあるってわかってたんです。





一生、一緒に連れ添うと誓ったのに、
水内直前が紹介してくれたあいつに、心奪われてしまったんです。











そう、ホンダ N1に。






それからというもの、毎朝N1に乗って出かける横で視界に入るあいつのことを見て見ぬ振りをしてきました。



しかし、二回のバッテリー上がりと、四月になったらやってくる自動車税にもう耐えきれなくなって、この度、手放すこととなりました。


さよなら、さよならインプレッサ22B






間違いなく、自動車史に名を残す名車でした。




あ、ちなみに近所の車好きの親戚に貰われて行きましたので、今後車を見かけることがあっても、俺じゃないっす。
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR