ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第39回八幡浜児童合唱団定期演奏発表会 | main | ホームページ作成 >>
2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.02 Saturday

東日本大震災 被災地学校楽器寄贈募金活動ご協力のお願い

 

東日本大震災 被災地学校楽器寄贈募金活動ご協力のお願い

拝啓 梅花の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は()八幡浜青年会議所の活動に関しまして、格別なるご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。


 さて、来たる3月10日に(公社)日本青年会議所が開催します『復興創造フォーラム2013』に伴い、私どもは仙台市に参ります。このフォーラムは昨年から日本JCが3年間、岩手県、宮城県、福島県の順で東日本大震災の被災地において開催され、震災の風化を防ぎ、東北の復興そして日本の未来創造に向けた学びを得、さらには被災地域への経済効果をもたらす機会を目的とした大会です。



私ども(社)八幡浜青年会議所はフォーラムの翌日であります、あの『3月11日』に東日本大震災で甚大な被害を負った石巻市に参り、石巻市学校教育課を通じて被災された小中学校を慰問いたします。その際に、圧倒的に不足しております吹奏楽用の楽器を寄贈いたしたく、楽器を調達する原資としまして八幡浜市民の皆様に募金のご協力を賜り、皆様の善意の結晶を被災地東北へ届けたいと計画しております。



 震災から2年が経過しようとし、震災直後の物的な支援から経済的な支援へと変わりつつあります。しかしながら、寄付金や義捐金などの分配は復興事業や生活必需品に優先され、学校への楽器などは後手に回り、音楽への『夢』を持った子どもたちの活躍の場が失われているのが現状です。石巻市学校教育課によりますと、楽器を必要としている学校は引く手あまたで、被災地の子どもたちが最も喜ぶ支援の一つであるそうです。



私ども(社)八幡浜青年会議所は約40年にわたって八幡浜児童合唱団の運営に携わってきました。それだけに音楽の持つ高い価値観や重要性を存じております。音楽は人の心を癒し、励まし、時に勇気づける、まさに生活必需品であります。国レベルの復興が遅れている中、私どもは民間の公益団体として、震災によって奪われた音楽への『夢』を再び被災地の小中学生に届けたいと切に願っております。



つきましては大変恐縮ではございますが、今回の活動をご理解いただき、募金活動のご協力をいただければ幸甚に存じます。

敬具


社団法人 八幡浜青年会議所

第62代理事長 水内 大介


1.    201320日(まで

2.    (社)八幡浜青年会議所事務局(13時〜17時)、

           (社)八幡浜青年会議所会員各事業所

           市内スーパー・コンビニ・書店など(一部除く)

3.お問合せ先   (社)八幡浜青年会議所

八幡浜市北浜1−3−25商工会館4F

TEL 0894−22−4866

FAX 0894−22−4844

                     以上





http://ameblo.jp/totheglory-heratbeatsong/entry-11462288678.html

http://ameblo.jp/totheglory-heratbeatsong/entry-11462316922.html

2014.12.31 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR